子供を一人で育てる女性の保険 〜 女性保険の人気ランキング

main_top_over_navi
main_top

子供を一人で育てる女性の保険

何らかの事情で女性が一人で子どもを育てている場合、病気になったり万が一のことがあった時のために保険に加入しておくことは大切なことです。子供の生活保障や自身の入院必要等、経済的な不安に陥らないよう備えておく必要があります。
シングルマザーが万一の時は、子供に対して公的年金から遺族年金が18歳になる年の年度末まで支給されます。しかし、その公的保障で足りない部分を補う生活費と、将来の教育費を考えてやはり保険金が必要になります。
また、シングルマザー自身と子供の医療費の備えも重要ですので、健康状態のよいうちに医療保障を検討することがポイントになります。一般的に生命保険の掛け金は月収の10%が目安とされているのですが、月収30万円の家庭の3万円と、15万円の家庭の1万5千円では家計に占める負担の大きさが全く違います。
子供を抱えて働く女性にとっては保険料の捻出は負担が大きく、経済的に余裕がない場合はやはり保険料の安い掛け捨てタイプを選ぶと良いでしょう。例えば助け合い共済の「こくみん共済」や「アフラック」の、比較的保険料の安い医療保険がよく選ばれているようです。女性にとっては女性特有の病気の心配もあるので、家計費をやりくりしてでも保険までは必要経費として検討する必要があるのではないでしょう。


保険マンモス

Copyright © 2011 女性保険の人気ランキング All Rights Reserved.